塾講師とは

塾講師になるコツをここでお話しましょう。
今塾講師には2つのパターンがあると言われています。
それは生徒を集団で教えるということと、個別に指導を行う方法です。
集団で教育を受けると言う意味では生徒が受け取るイメージは、学校の延長として考える場合も多いと言われていますが、比較をすれば集団でも学校のクラスよりは全然少人数制と言うことになります。
人数が少ないと言うことは生徒にとって大きなメリットであり、それだけしっかり行き届いた指導が行われると言うことになります。

しかし集団に対して行う指導は難しいと言えば難しく、どのあたりに標準をおいて指導していいのか判らないと言うことも問題点としてあげられます。
一方で徹底した個別に指導に徹している塾講師と言うのがあります。
これはあくまでもマンツーマンのメリットを追求したものと言えます。
生徒が出遅れれば、しっかり最後まで講師が面倒を見てくれることになります。
講師にとって集団で教えるパターンがいいか、個別に指導がいいかと言う点ですが、初心者の人たちにとって個別に指導する方がやりやすいと言う声を聞きます。

収入の面をお話しすれば、塾講師というものは当たり外れも大きいと言われています。
個別に指導する場合、時2000円と言ういいかたであれば、結構いいと判断するかもしれませんが、塾には規則と言うものがあり、生徒に指導する場合、30分前に来てなかなか帰ることが出来ないと言うケースもあり、それが生徒を教える時間だけで換算されれば全体の時間を計算すると、それ程いい時給ではない計算にもなります。
ここでは、もっと塾講師について追求しましょう。